高画質のPDFで保存する方法 Microsoft Office 2016 (WORD、EXCEL、PowerPoint)

高画質のPDFで保存する方法 Microsoft Office 2016 (WORD、EXCEL、PowerPoint)

※画面は、PowerPoint 2016の例です。アプリケーションの種類やバージョンにより若干異なります。

※PDFにする際に330ppiの解像度に変換されます。
推奨の解像度350ppiより低いため若干ぼやけた感じになります。
画像が多い場合は、Acrobatでの変換をオススメ致します。

 

①[ファイル]メニューをクリックします。

②[名前を付けて保存]をクリックします。

③[参照]をクリックして、任意の場所を選択し、任意の名前を付けます。

④[ファイルの種類:]を「PDF(*.pdf)」に変更します。
⑤[標準(オンライン発行および印刷)]を選択します。
⑥[オプション]をクリックします。

⑦[PDFのオプション]にある[PDF/A 準拠]に、チェックを入れます。
※PDFに表示上の不具合が発生した場合には、[PDF/A 準拠]のチェックを外して下さい。
 ただしチェックを外した場合は、一部のフォント(Arial、Times New Roman等)が
 埋め込まれなくなる場合がありますのでご注意ください。
※入稿用のPDFは、すべてのフォントが埋め込まれている必要があります。

⑧[OK]をクリックします。

⑨[ツール]をクリックします。

⑩[図の圧縮]をクリックします。

⑪[HD(330 ppi):高解像度(HD)表示用の高品質]を選択します。
※[HD(330 ppi)]が表示されていない場合は、[表示印刷用(220PPi)]を選択して下さい。

⑫[OK]をクリックします。

⑬[保存]をクリックします。


※作成したPDFの内容は、必ずご確認下さい。

PDFファイルの「ページサイズ」と「フォントの埋め込み」を確認する方法

PDFファイルの「ページサイズ」と「フォントの埋め込み」を確認する方法

1.「ファイル」メニューから、「プロパティ」をクリックします。

2.「概要」タブの「ページサイズ」を確認します。

3.「フォント」タブをクリックします。
「埋め込みサブセット」となっていれば、フォントは埋め込まれています。
リストに表示されている全てのフォントを確認します。

※リストに何も表示されていない場合は、フォントが使用されていない状態です。

Excel 2016 からのPDF作成方法

Excel 2016 からのPDF作成方法

※PDFにする際に330ppiの解像度に変換されます。
推奨の解像度350ppiより低いため若干ぼやけた感じになります。
画像が多い場合は、Acrobatでの変換をオススメ致します。

 

1.「ファイル」メニューを選択します。

2.「名前を付けて保存」を選択します。

3.「コンピューター」の「参照」をクリックします。

4.任意の場所を選択し、任意の名前を付けます。

5.「ファイルの種類」は、「 PDF(*.pdf)」を選択します。

6.「オプション」ボタンを押します。

7.「印刷対象外の情報を含める」の「アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ」のチェックを外します。
「PDFオプション」の「PD/A 準拠」のチェックを入れます。
(文字化けなど表示上の不具合が発生してしまう場合はOFFにしてみて下さい。)

「OK」ボタンを押します。

8.「保存」ボタンの左側にある「ツール」を押して、「図の圧縮」を選択します。

9.「解像度」の「HD(330ppi):高解像度(HD)表示用の高品質」または、「印刷用(220ppi):ほとんどのプリンターと画面で優れた品質が得られます。」を選択して「OK」ボタンを押します。

10.「保存」を押すとPDFが作成されます。

※「発効後にファイルを開く」にチェックを入れると、PDFが作成されると自動的にファイルが開きます。